2018.03.07 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2009.09.17 Thursday 23:55

    メディアCSRプロジェクト第4回勉強会報告 その2 byほたる

     こんにちは、ほたるです。

    前回のブログでキャパからも紹介がありましたが、
    私もA SEED JAPANメディアCSRプロジェクト主催の
    「メディアを変えれば世界が変わる勉強会 The Final」に参加してきました。



    感想の前にメディアCSRプロジェクトの概要についてちょっと補足です
    ______________________________________
    ※A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト
    メディアCSRプロジェクトは、マスメディアが報道における公共性・独立性を発揮し、
    市民が主体的にメディアを選択する社会を創造するプロジェクトです。
    大手テレビ会社がCSR活動に取り組む意義について研究し、
    テレビ会社に「メディアCSR」を提言するための「メディアCSRフォーラム」を
    開催することを目指しています。 (メディアCSRプロジェクトHPから抜粋)
    http://www.aseed.org/mediaCSR/
    ______________________________________


    さて肝心の勉強会では、現在の情報量の多さに対し、
    マスメディアに報道されないNGOの姿やマイノリティの意見があり、
    それに対し、私たちは
    「知る・伝える・提言する」権利
    を持つのではないかという視点から、マスメディアの果たすべきCSRについて、
    現状のマスメディアの報道姿勢や現場の方々の意見を参考にしながら、
    私たちに出来ることは何か、メディアに提言すべきことは何かを話し合いました。



    今のメディアの発信するものの多くが娯楽ばかりだったとしても、
    それを面白くないからみないというのではなく、
    必要としている情報をメディア側に伝えていくことも必要かも知れません。
    皆さんも一度自分の周りに溢れるメディアについて、
    また理想のメディアについて考えてみませんか。



    2009.09.15 Tuesday 20:58

    メディアCSRプロジェクト第4回勉強会・合宿報告



    はじめまして、みなさん!
    メディアCSRプロジェクト理事のキャパです!

    世間が政権交代祭りの真っ只中の8月29、30日に、
    ASJ・メディアCSRプロジェクトは四回目の勉強会と、
    チームとして始めての合宿を行いました。

    勉強会にはチームメンバーの他に、10名近くの方が来てくれました。
    参加者の方からも活発な発言をしていただきました!

    合宿初日は勉強会に引き続き、元新聞記者の方、
    IT企業の方が参加してくださり
    理想のメディア、活動の方向性について議論し、
    夜は自由に語り合う事が出来ました。
    おまけにメンバーが誕生日だったのでサプライズパーティーもしました!
    楽しかったー!

    合宿二日目は、各活動の役割分担を作り、
    これからの活動に力を養う機会となりました。
    普段は話す機会が少なかったのですが、
    お互いを知り合う場になりとても有意義な二日間となりました!!

    勉強会、合宿に来てくださった皆さん、ご協力ありがとうございました!!!

    次回はイベントの告知をする予定です!

    2009.04.13 Monday 10:25

    A SEED JAPANの理事ってどんな人?第1回:人材育成担当理事 青木将幸(マーキー)

    みなさん、こんにちは。
    A SEED JAPAN(以下ASJ)アクセス部・事務局パートナーをしているきっちーです。

    事務局パートナーとは、ASJのボランティアの中でも事務局スタッフの仕事の一部を一緒に担当するボランティアのことです。

    今回、もっと深くASJのことを知るために普段事務所で会うことの少ない理事に不定期でインタビューをしていくことになりました。
    ASJの理事とは、ASJ全体の運営を担う役割があります。「チームのリーダー」「その他ASJが必要と思う分野の元リーダー」などが理事になることができます。ASJの理事の特徴は「動く理事」であるということ。学生メンバーも経験ある理事もASJの運営に同じ責任を持ち、課題があればすぐ「動き、改善する」のが特徴です。

    第1回のインタビューは、マーキーこと青木将幸さんです。これまでの活動歴やASJメンバーへのアドバイスなど伺いました!

    きっちー、以下「きち」:
    1992年の地球サミットがきっかけで環境問題に興味を持ったとのことですが、その頃はどのようなことが中心的な課題で、どんな点に関心を持ったのでしょうか?
    青木将幸、以下「マーキー」:
    その頃は、オゾン層の破壊や地球温暖化が課題として挙がっており、それらをメディアが取り上げ、映像化し始めた時代でした。それによって多くの人が環境問題を知るようになり、問題は明らかになってきましたが、その頃の企業や団体は解決に向けた取り組みを今ほど積極的には行っていませんでした。そこで、何かしたいと思い、環境問題に関心を持つようになりました。

    きち
    ASJで活動を始めてから、どんなチームでどのような活動をしていましたか?
    マーキー
    ASJでは早い時期から「リーダーシップトレーニング」に関わっていました。チームのメンバーと共にアメリカへ勉強に行ったこともありました。主に組織のメンテナンスに焦点を当てて取り組んできました。イベントなど外部に向けてアクションを起こすようなことはあまり得意じゃなかったけど、組織を活性化させることには興味があったので、内部の地道なことをコツコツやってきました。

    続きを読む >>

    <<new | 2 / 2pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    TRACKBACK
    PROFILE
    緑のgoo
    愛知/名古屋COP10 A SEED TV
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.