RSS | ATOM | SEARCH
3月17日 私と預金と社会問題の関係をレクチャー

事務局の西島です。

 

3月17日、神奈川県内の高校で、「環境問題に対して私たちが身近にできること」をテーマに講義をさせていただきました!

 

この日は、事務局長西島&エコ貯金プロジェクトメンバーは朝8時に高校近くのファミレスで落合い、流れを確認しました。

早起きっていいですね!(A SEED JAPAN事務局はお昼過ぎの出勤が多いため…)

 

教室には40名弱の学生さんが集まってくれて、70分間じっくり、講義させていただきました。

内容は、「お小遣いやアルバイト代が環境破壊や戦争に使われる?」


みなさんは、銀行口座を持っていますか?お年玉やお小遣い、アルバイト代を預金している人もいるでしょう。みなさんが持っていなくても、お父さん・お母さんはきっと持っていて、生活に必要なお金を預金しているかもしれませんね。日本の銀行口座に集められているお金は、なんと900兆円にも上るんですって!でもそんな大事なお金が、世界の環境破壊や戦争に使われてしまう、ということが起こっています。それは何故なのか、それを変えるために何ができるのか。考えてみましょう!

 

自分の預けたお金が、例えば兵器産業に使われてしまう実態について、「問題だと思う?仕方ないと思う?」という問いかけもして、みんなでディスカッションをしました。

 

「日本の経済のためには、仕方ないと思う」

「選挙で候補者を選べるように、銀行を選ぶことができるのだから仕方がない事ではないと思う」

「銀行がどんな企業に融資しているのかは、私たちにもわかるの?」

 

色々な意見が出ました。

 

最後に、A SEED JAPANでは、JACSES・PARCとともにFair Finance Guide JapanというWebサイトを運営していることを紹介。

 

できたての教材も初めて配らせていただきましたるんるん

高校生活は集団教育の最後。

高校を卒業したら、それぞれの道へ行く。

与えられた問にたいして答えを見出す勉強ではなく、自ら定めた問いの答えを見つける研究をする人も多いと思います。

あるいは、仕事に就く人も多いかと。

 

少しでも心に留まる授業になっていたなら幸いです。

 

 

 

author:asj, category:エコ貯金プロジェクト, 20:13
-, trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:13
-, -
Trackback
url: http://asj.jugem.jp/trackback/366