2018.03.07 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2011.09.26 Monday 20:01

    A SEED JAPAN水源WATCH!プロジェクト主催フォーラム 「グリーン・エコノミー×水 〜“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは〜」

    みなさま、こんにちは!
    水源WATCH!プロジェクトの眞島(はづき)です。

    だんだんと秋の涼しさになってきましたが、
    みなさまいかがお過ごしでしょうか?

    さて、水源WATCH!プロジェクトでは、
    10月1日(土)18:30より、
    フォーラム「グリーン・エコノミー×水
    〜“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは〜」
    を開催いたします。

    このフォーラムでは、皆が清潔な水にアクセスすることが確保され、
    生態系が持続可能な状態であるには今何が必要なのか。
    そして、その恵みを次世代にも残せる
    ”いのちの再生産”が可能な社会を実現するために、
    私たちに何ができるのかを考えます。

    今回、世界や日本、企業やNGO、水源地という、
    それぞれの現場で、活動されているゲストの方々をお招きします。

    みなさまのお越しをお待ちしております!

    10月1日(土)18:30より ――――――――――――――――――――□■□■
    A SEED JAPAN水源WATCH!プロジェクト主催フォーラム
    「グリーン・エコノミー×水 〜“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは〜」
    □■□■―――――――――――――――――――――――――――――――

    限りある資源である“水”。

    国連のデータによると、2025年に、例えば世界の人口が90億人になった場合、
    世界の全人口の約2/3が水ストレスに直面するという予測がされています。

    すべての生命体、生態系は水がなければ生きてゆくことができません。

    いま世界では新しい経済の在り方が議論されています。
    その1つ、UNEPの発行した「グリーン・エコノミー(*)レポート」の中では、
    水利用効率の向上と水へのアクセスを確保するための投資の増加が提案されています。

    一方、私たちは3.11の東日本大震災を経験し、いのちの大切さや新しい経済の在り方を実現する必要性を認識しました。

    本フォーラムでは、世界に迫りくる水ストレスを緩和するために、
    いのちの源である水の保全と管理を
    「グリーン・エコノミー」を含む新しい経済の在り方
    という視点から考えたいと思います。

    ※ここでいうグリーン・エコノミーとは
    「環境に優しく、環境の向上をもたらす財・サービスを生産する部門へのマクロレベルでの投資
    (グリーン投資)効果を示すこと/とくに貧しい人々の利益となるグリーン投資を、
    いかに推進するべきかについて方針を立てること」と定義されます。(「UNEP Green Economy Initiative 」より)

    □■□■――――――――――――――――――――――――――――――□■□■
    ☆開催概要☆
    【日時】2011年10月1日(土) 18:00開場、18:30開始 20:30終了予定
    【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター
    ※ 場所の詳細に関しましては、お申し込みいただいた方に後日ご連絡致します。

    【主催】国際青年環境NGO A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
    ※ホームページはコチラ→www.aseed.org/asj_water/
    【対象】・水問題に関心のある方
        ・水ビジネスに携わっている方
        ・水にかかわる市民活動をされている方 など
    【アクセス】
    小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
    地下鉄千代田線代々木公園駅(C02出口)下車(代々木公園方面4番出口)徒歩約10分
    ※詳しくはコチラ→http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
    【参加費】
    A SEED JAPAN 会員 一律 500円
    A SEED JAPAN 非会員 学生:700円 社会人:1000円

    【参加申込み】
    下記、「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
    http://www.aseed.org/asj_water/archives/465#1

    ※申し込み締切日:2011年9月30日(金) 18:00

    【プログラム】
    18:30~18:45 オープニング:グリーン・エコノミー×水
    スピーカー: 草刈良允(A SEED JAPAN代表理事)
    ●第一部
    キーノートスピーチ
    18:45~19:05 ~世界の水問題と迫りくる水ストレスの危機~
    スピーカー:橋本淳司氏(アクアスフィア代表)

    キーノートスピーチ
    19:05~19:25 ~清潔な水アクセスと水道サービスの民営化~
    スピーカー:TNI  岸本聡子氏
    キーノートスピーチ
    19:25~19:35 ~グリーン・エコノミーと水ビジネス~
    David Boys (PSI) ※ビデオにてご出演いただく予定です。

    休憩

    ●第二部 「“いのちの再生産”を実現するための水の利用と供給とは」
    19:40~20:40
    コーディネート:A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
    パネリスト:
    <水利用>
    ・山梨県白州町ご在住の方(現在交渉中)
    (山梨県白州町におけるボトルウォーターの取水事例)
    ・製品づくりにおける水利用の情報公開に取り組む企業担当者様(現在交渉中)
    (企業と水のトレーサビリティ)
    ・A SEED JAPAN 水源WATCH!プロジェクト
    (「各取水源における地下水取水」に関する公開質問状 結果発表)

    <水供給>
    ・全水道労働組合 中川崇氏
    (日本の水道管理と民営化)
    ・TNI 岸本聡子氏


    グループワーク:
    “いのちの再生産”を可能にする水利用と供給とは?

    フロアディスカッション:
    “いのちの再生産”を可能にする水利用と供給とは? 「提言」と「アクション」

    20:40~20:45 クロージング

    ●ゲスト
    橋本淳司氏
    著述家、アクアスフィア代表、日本水フォーラム節水リーダー。
    1967年群馬県館林市生まれ。1990年学習院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。
    以降、各地の水問題を取材し、水を主たるテーマに執筆活動を行う。
    また、国内の大学、高校、小中学校などで、水の大切さや世界各地の水事情を伝える
    出前授業「Water Planet みずのがっこう」の副校長、独立行政法人国際協力機構の
    中国・節水型社会構築プロジェクトにおける普及啓発の専門家なども務める。
    主な著書に、『世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日』、
    『水問題の重要性に気づいていない日本人「おいしい水の話」から「酸性雨の話」まで』(PHP研究所)、
    『明日の水は大丈夫?バケツ1杯で考える「水」の授業』(技術評論社)、
    『67億人の水「争奪」から「持続可能」へ』(日本経済新聞出版社)など。

    中川崇氏:
    現職:全水道東京水道労働組合水道部会常任委員、浄水委員会次長
    1988年、東京都水道局入局、90年代に東水労青年女性部で役員を歴任、
    労働運動における青年運動として反戦平和、人権問題、環境問題を取り組む。
    1998年から全日本水道労働組合(全水道)青年女性部長を務める。
    2003年より玉川浄水支部砧分会書記長、2005年より玉川浄水支部書記長
    2010年10月より現職を務める。

    岸本聡子氏:
    現職:トランスナショナル研究所(TNI、オランダ)
    環境NGO「A SEED JAPAN」を経て、2003年から現職。
    水道事業の外国企業による私営化に対抗する市民の実践を
    推進・支援するプロジェクト・コーディネーターを務める。
    http://www.tni.org/

    今回の勉強会についてご不明な点がございましたら、
    件名を【水源WATCH!グリーンエコノミーフォーラム】として、
    asj.water.office@gmail.com)までご連絡ください(担当:眞島)。

    ※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する
    各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する
    諸対応に使用させていただく場合があります。
    取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、
    事務局までお問い合わせください。

    ※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
    http://bit.ly/jRTeAo

    ※本フォーラムは独立行政法人 環境再生保全機構・地球環境基金の助成を受けて
    開催いたします。
    (環境再生保全機構のホームページはコチラ→http://www.erca.go.jp/index.html)

    □■□■―――――――――――――――――――――――――――□■□■
    1人が動く。社会は変わる。
    【国際青年環境NGO A SEED JAPAN とは】
    地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから
    始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターン
    の変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
    未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
    ※ホームページはコチラ→http://www.aseed.org/

    国際青年環境NGO A SEED JAPAN(事務局:岸田)
    〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
    TEL  03-5366-7484 FAX  03-3341-6030
    E-mail:info@aseed.org
    □■□■―――――――――――――――――――――――――――□■□■

    2018.03.07 Wednesday 20:01

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - |

      Trackback:
      http://asj.jugem.jp/trackback/292
      - / -
      2011/09/29 7:00 AM
      管理者の承認待ちトラックバックです。
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      TRACKBACK
      PROFILE
      緑のgoo
      愛知/名古屋COP10 A SEED TV
      MOBILE
      LINK
      RECOMMEND
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.