2018.03.07 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2009.11.10 Tuesday 12:12

    プレスリリース:生物多様性条約会議:ABSの議定書、2010年、 名古屋で締結か? 明暗をわける交渉が開始!

    (英語版プレスリリーストップページ)


    広報部のやっさんです
    前の記事で生物多様性の利用をフェアに!プロジェクトのジョセフから、
    生物多様性条約の下で開かれている国際会議(第8回ABS作業部会)での
    活動の現地レポートに引き続き速報です!!

    以下、生物多様性の利用をフェアに!プロジェクトのはまこーからです。


    こんにちは。
    生物多様性の利用をフェアに!プロジェクトのはまこーです。


    現在、カナダのモントリオールに生物多様性の利用をフェアに!プロジェクトの
    メンバーである、こばち、ジョセフ、ヒロが、
    第8回ABS作業部会@モントリオールに参加しています。

    ジョセフによる2009.11.08 Sunday
    第8回ABS作業部会@モントリオール 現地レポート1日目
    にも紹介されていた、

    ・英語版プレスリリースが、国際NGOのDairly News letter『ECO』に
     掲載されることが決定!!

    プレスリリースが国際NGOのDairly Newsletter『ECO』に掲載されました!


    (上記画像の一部拡大)

    国際NGOのDairly Newsletterの『ECO』とは?
    国際NGOが発行する生物多様性条約会議の評価ニュースレターのことです。

    このニュースレターは、生物多様性条約だけではなく、
    国連気候変動枠組み条約なども、取り上げられています。 

    今回なんと、そのトップに載っています。
    (詳しくは http://www.cbdalliance.org/abs8/ のABS (1) まで)

    また、CBD市民ネットのブログにもその内容が載っています。
    http://www.cbdnet.jp/cbd_blog/2009/11/ecoa-seed-japan.html

    ぜひ、御覧ください。



    -------------下記が日本語版--------------------------

    関係者各位

    プレスリリース



    2009119()

     

    生物多様性条約会議:ABSの議定書、2010年、

    名古屋で締結か? 明暗をわける交渉が開始!

     

    生物多様性条約の目的である「遺伝資源へのアクセスとその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分(以下、ABS)」を実現するための、国際制度をめぐる交渉(第8ABS作業部会)がカナダ・モントリオールで現地時間11910時に開始された。

    ABSの国際制度に関して、2010年に名古屋で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(以下、COP10)までに、その交渉を終了させることが締約国で合意されている。COP10に向けて交渉されているABSの国際制度を、法的拘束力を持たせる議定書という形で締結するのか、しないのかということが、今回の作業部会の最大の論点となる。

     

    このような背景を踏まえて、国際青年環境NGO A SEED JAPANは、20098月に、日本企業の遺伝資源の利用状況を、公開質問状*を通して調査した。遺伝資源の公正かつ衡平な利益配分のためには、「事前の情報に基づく同意(以下、PIC)」の取得と「相互に合意する条件(以下、MAT)」による契約が必要不可欠である。しかし調査の結果、それらを確実に実施している企業は1社にとどまり、公正かつ衡平な利益配分の達成とは程遠い遺伝資源利用の現状が明らかになった。

     

    PICの取得とMATによる契約が確実に実施されるためには、罰則規定がなく法的拘束力が弱いボン・ガイドライン(2002年に採択)では不十分であり、PICの取得とMATによる契約が法的に義務付けられる必要があると考える。よって私たちは、PICの取得とMATによる契約に関して、法的拘束力を兼ね備えたABS議定書の締結を主張する。

     

    過去の交渉では、日本政府は議定書の締結に消極的であった。一方、途上諸国やEUは議定書の締結に積極的な姿勢を示している。COP10を一年前に控えて、両者の歩み寄りが期待される中、議長国である日本政府が交渉でリーダーシップを発揮することが求められる。

     

     

    *公開質問状:http://www.aseed.org/info/info09_1101.html

    http://www.aseed.org/info/pdf/press_result_questions.pdf


    2018.03.07 Wednesday 12:12

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - |

      Trackback:
      http://asj.jugem.jp/trackback/171
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      TRACKBACK
      PROFILE
      緑のgoo
      愛知/名古屋COP10 A SEED TV
      MOBILE
      LINK
      RECOMMEND
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.