2018.03.07 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2009.08.05 Wednesday 09:19

    ファンドレイジングセミナーに参加してきました




    まみやんです。


    昨日仕事を早めに終わらせて、
    日本ファンドレイジング協会主催の「ファンドレイジングセミナー」に参加してきました。
    セミナーの内容は、まさにNPOの広報・広告について。


    講師は、前回の「伝えるコツ」の記事でも紹介した、電通の白土謙二氏です。


    会場には、ファンドレイジング(資金調達)に興味がある方、
    NPO・NGOで活動している方で溢れていました。


    もともとの定員が100名のところ、
    申し込み多数のために150名に増やしたという盛況ぶり。


    また、たまたまですが、わたしの隣の男性は
    電通でクリエイターとして勤めながらNGOで活動しており、
    なんだか自分と近しいものを感じました。


    白土氏のお話の中で特に大切だと思ったことは、
    【聞き手(読み手)は時間がないことを前提に考える】ということ。


    チラシを作るにしても、ウェブを作るにしても、
    とにかく情報の受け手には時間がないと考え、
    時間がない中で、それでも読んでもらう、見てもらうためにどうしたらよいか。を考える。


    これを「一生懸命作ったんだから、きっと読んでもらえるはず」と楽観視すると、
    だいたい自分たちの思い込みに走ってしまい、うまくいかない。
    (……うん、わかる気がする…)


    チラシだったら、A4一枚裏表にくどくど細かくイベントの内容を書くのでなく、
    パッと手にとりやすいポストカードサイズにして、URLをくっつけて
    “続きはウェブで”の方が受け手にとってはよいかもしれない。


    ウェブも、忙しい人は一番上のページしか見ない。画面をスクロールなんてしない。
    だったらトップページには何をもってくるのがよいのか。


    頭でわかっていても、
    けっこうA SEED JAPANもできていないことなのかなと思いました。


    他にもたくさん広報のヒントをいただきましたが、今日はこのくらいにしておきます。


    このセミナーの報告は、近日中に日本ファンドレイジング協会のブログにも
    アップされる予定なので、ぜひそちらもご覧くださいね!
    (※昨年度のファンドレイジングセミナーの様子はこちらをご覧ください)


    ファンドレイジングにご興味のある方は、
    本セミナーのコーディネーターを勤められた鵜尾雅隆氏のブログがおすすめです。
    (ちなみに鵜尾さんは、A SEED JAPANのニュースレター「種まき」にも執筆いただいています)


    今回のことを、次回の広報部ミーティングでも活かしていきます。
    お楽しみにー(´∇`)

    2018.03.07 Wednesday 09:19

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - |

      Trackback:
      http://asj.jugem.jp/trackback/128
       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      TRACKBACK
      PROFILE
      緑のgoo
      愛知/名古屋COP10 A SEED TV
      MOBILE
      LINK
      RECOMMEND
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.