RSS | ATOM | SEARCH
【いよいよ明日!】ホンキでテレビがCSRフォーラム!

 メディアCSRプロジェクトのパコです。 


明日7月24日(地デジ化移行日)、
いよいよ「ホンキでテレビがCSRフォーラム2011」の開催です。


場所は、東京スカイツリーが見える、すみだリバーサイドホール。
参加費は、無料です。


ご予約頂いた方には、ソーシャルメディアガイドブックをプレゼント致します(当日参加も可)。
【お申し込み】
http://bit.ly/TVCSRforum2011


皆さまのご参加お待ちしています。
明日は会場でお会いしましょう!


<パネルディスカッション>
・TBS「報道特集」金平茂紀キャスター
・南相馬市出身 1児の母(27歳)
・博報堂 環境コミュニケーション部部長
・市民メディア OurPlanet-tv 代表 白石草さん
コーディネータ:螢レアン 薗田綾子さん

 


<基調講演>
・瀬川 至朗氏(早稲田大学 政治経済学術院)

 


■■参加募集━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


  ★★★ ホンキでテレビがCSR!フォーラム2011 ★★★


     テレビの未来を考える〜若者からのメッセージ〜
     民放・広告・被災者・市民メディアによる、「提案型」イベント


  7月24日(日)13:00〜16:00 すみだリバーサイドホール(定員500名)
 主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト
 http://www.aseed.org/mediaCSR    Twitter:@T...
 詳細:http://mediacsr.blogspot.com/2011/07/724csr2011.html


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━参加募集■■

 


■■【企画概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


【日時】2011年7月24日(日)13:00〜16:30(開場12:00)


【場所】すみだリバーサイドホール(最寄駅「銀座線浅草駅」)
URL:bit.ly/sumidaRSH


【参加費】無料
 事前申し込み頂いた先着300名に
「7日でわかるソーシャルメディア・ガイド」プレゼント!
 http://bit.ly/110724tokuten


【お申し込み】
http://bit.ly/TVCSRforum2011


【ちらしダウンロード(地図あり)】
http://bit.ly/tvcsr110724

 


■■【プログラム(予定)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


12:00〜
【プレ・オープニング】本気の報道を考える上映会&トーク (12:10〜12:50)
 災害・原発・環境報道番組を上映しつつ、
 被災地から避難している若いお母さんのトークを交えます
 特別ゲスト:福田美穂氏 [南相馬市から避難している一児の母]

 


13:00〜
【第一部】
 基調講演「地デジ化時代のテレビと、これからの報道〜東日本大震災の教訓から〜」
 瀬川 至朗氏 [早稲田大学政治経済学術院教授]

 


【第二部】
 事例報告&パネル「地デジ社会到来!変わるテレビ企業のCSR活動!」
 発表者:金平 茂紀氏[TBS「報道特集」キャスター]、川廷 昌弘氏 [博報堂DYメディアパートナーズ]
 白石 草氏 [OurPlanet-TV]、鈴木 亮 [A SEED JAPAN]、福田美穂氏
 コーディネーター:薗田 綾子氏[クレアン]


【第三部】
 ワールドカフェ「ホンキで考える、テレビの社会責任」
 語り合い深めよう。会場全体でワールドカフェ!
 UstreamやTwitter上でも意見を募集!


〜16:30終了予定(※終了予定時刻が変更になりました)

 


【300名に無料ガイドプレゼント】


★7日でわかるソーシャルメディアガイド『革命なう!』★


A SEED JAPAN制作、マイクロソフトNPO協働プログラム助成のガイドをフ
ォーラム参加先着300名にプレゼントします。Twitter、YouTube、Ustream、
Facebookをゼロから始める人にも良くわかる、実践ガイドです。
http://bit.ly/110724tokuten

 


■■━━━━━━━━━━━━■■


【プロフィール】


●福田 美穂氏(ふくだ みほ)
福島県南相馬市出身。3.11に東日本大震災で被災し現在千葉県で避難生活をしている。
3歳の息子を持つ1児のシングルマザー。27歳。
職業は震災前まではフィットネスクラブインストラクター兼フリーライター。
現在は避難の傍ら東日本大震災及び原発事故について、自らの体験と想いを執筆中。

 


●瀬川 至朗氏(せがわ しろう)
1977年、東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学)卒。
毎日新聞社でワシントン特派員、科学環境部長、編集局次長、
論説委員などを歴任。98年、「劣化ウラン弾報道」で、
取材班メンバーとしてJCJ奨励賞(現JCJ賞)を受賞。
2008年1月から早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズム
コースのプログラム・マネージャー。日本記者クラブ企画委員、
日本科学技術ジャーナリスト会議理事。

 


●金平 茂紀氏(かねひら しげのり)
TBS「報道特集」キャスター。東京大学文学部卒。
1977年TBS入社。以降、報道局社会部、外信部、モスクワ支局長を経て、
94年から8年間「筑紫哲也NEWS23」担当デスク。
その後、ワシントン支局長、本社報道局長を務め、2008年より10年までアメリカ総局長。
04年度「ボーン・上田国際記者賞」を受賞。
著書に「ロシアより愛をこめて」「テレビニュースは終わらない」など。

 


●川廷昌弘氏(かわてい まさひろ)
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア・コンテンツソリューション局 環境コミュニケーション部長。
生物多様性条約市民ネットワーク普及啓発作業部会長。
1998年「情熱大陸」の立ち上げ、2005年の環境省「チーム・マイナス6%」の
立ち上げ直後から関わる。現在は環境コミュニケーション領域に専従、
国際生物多様性年国内委員会「地球生きもの委員会」委員、林野庁
「山村再生支援センター」マッチングアドバイザーなど。
社団法人日本写真家協会会員でプロの写真家でもある。

 


●白石 草氏(しらいし はじめ)
非営利インターネット放送局「OurPlanet-TV」代表。
1993年早稲田大学卒業。テレビ朝日系の技術会社を経て、
95年東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)入社。
ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。
2001年に独立し、フリーランスとして活動。
同年10月に「OurPlanet-TV」を設立。

 


●薗田 綾子氏(そのだ あやこ)
株式会社クレアン代表取締役。
広告代理店、株式会社リクルート映像を経て
1988年8月 株式会社クレアンを設立。
企業の環境情報開示として環境報告書やサステナビリティレポートの
製作を通して、企業と市民をつなぐコミュニケーションを進め、
豊かな社会を実現するために活動中。
松下電器産業をはじめ、数10社に上る環境報告書・CSR報告書を
製作している。

 


●鈴木 亮(すずき りょう)
国際青年環境NGO A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト
「ホンキでテレビがCSR!キャンペーン」ディレクター。
2002年ヨハネスブルグサミットで多国籍企業にCSRを求める
「リオマイナステン」キャンペーン、メガバンクに金融CSRを求める
「口座を変えれば世界が変わる」キャンペーンなど、
NPOとしてソーシャルキャンペーンを多数立ち上げる。

 


■■━━━━━━━━━━━━■■


【ホンキでテレビがCSR!フォーラムとは?】
テレビ企業の社会責任(CSR)をテーマに、視聴者やNPOとテレビ企業関係者
の協働を考えるフォーラムです。2010年7月25日の第一回に続き、二回目の
開催となる今回のフォーラムでは、地デジ化移行の日に合わせ、視聴者発の
テレビ報道のあり方を、テレビ企業関係者とともに考え、協働して番組を作
る可能性を探ります。
フォーラムに向け、視聴者がTwitterを使って報道番組についてつぶやくア
クション「ニュースツイート」(ハッシュタグ#tvcsr)を展開中です。


【A SEED JAPANとは 】


地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから始まった
国際青年環境NGOです。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの変更と、
南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、未来の世代を
担う青年自らが行動を起こしています。大学生や社会人、フリーターなど多
様な青年が集まり、国際会議に向けたキャンペーンから、野外イベントの環
境対策事業まで、幅広い活動に取り組んでいます。

 

 


【会場全体でワールドカフェ!Ustream参加募集!】


当日の様子はインターネットで中継を予定しています。Ustream、twitter、
facebookなど、ソーシャルメディアを使って、ぜひプログラムにご参加くだ
さい。第三部のパネル&ワールドカフェでは、会場全体で意見を交わしあう
時間を予定しています。→事前から意見を寄せたい人はぜひお申し込みの上、
facebookイベントページに投稿してください。
 http://on.fb.me/TVCSR_fb

 


【申込・問い合わせ】


★ウェブサイト、またはEmailからなるべく事前にお申し込みください


申し込みフォーム:http://bit.ly/TVCSRforum2011
Twitter:@T...
電話:03-5366-7484 Email:mediacsr@g...
URL:http://www.aseed.org/mediaCSR


★プレスリリース:テレビの未来を考える〜若者からのメッセージ〜
 http://blog.canpan.info/meia_csr/archive/36


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。


http://www.aseed.org/privacy.html


【お問い合わせ】(担当:岸田・鈴木)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL 03-5366-7484   FAX 03-3341-6030
Email info@aseed.org

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 23:29
-, trackbacks(0)
【フォーラムまであと3日!】メディアCSRプロジェクトからお知らせ
こんにちは、メデCパコです。

フォーラムまであと3日!



毎日毎日、不安と期待が入り混じった気持ちです。

このフォーラムの特徴は、
「伝えてほしい人」
「伝えようと頑張ってる人」
「実際に伝えた人」
がそれぞれの立場で意見交換をすること。

講演者の皆さんは「違う立場の声を聞こう」
という姿勢を持ってご出演されます。

今日は、「伝えようと頑張ってる人」代表の
TBS金平茂紀さんについて、ご紹介します。
----------------------------------------------------------
金平茂紀(かねひら しげき)
TBS「報道特集」キャスター。
1996年から2002年の8年間、『筑紫哲也 NEW23』のデスクを担当。筑紫哲也の「右腕」として、『筑紫哲也 NEWS23』をTBSの看板番組に発展させるのに貢献した。2002年よりJNNワシントン支局長、2005年よりTBS報道局長、2008年よりTBSアメリカ総局長兼TBSインターナショナル副社長。2010年帰国。以降、『報道特集』のメインキャスターを務める。

金平茂紀ブログ ハートに火をつけて



author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 23:33
-, trackbacks(0)
【参加者大募集!】「ホンキでテレビがCSRフォーラム2011」まであと4日!
メディアCSRプロジェクトのパコです。

「ホンキでテレビがCSRフォーラム2011」まであと4日!
本日は、特別出演頂く福田美穂さんにお会いしました。

福田美穂さんは、南相馬市出身で、3歳の男の子を持つ20代のお母さん。
震災後、マスメディアが現地を報道しない、という事で、
フリーランスやマスメディアでない媒体に、積極的に働きかけられました。

今回、福田さんにはお母さんとして、
震災の事、放射能の事など「伝えてほしい」いう気持ちを、
思いっきりお話頂きます。

当日は、TBS報道局の金平茂紀さん、
博報堂の環境コミュニケーション部長の川廷昌弘さん、
市民メディア OurPlanet代表の白石草さんも参加。

「伝えてほしい」という想いに、
皆さんがどういう言葉を話されるのか大変気になります。

まだまだ参加者大募集です。
1人でも多くの方に、参加頂きたい、ホンキのメディア企画です。
一緒に未来のテレビ報道を考えましょう。

是非ふるってご参加ください!!

【お申し込み】 


メディアCSRプロジェクト

民放のCSRアンケート2010結果発表 (2011年度は近日公開予定)

■■参加募集━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■ 

  ★★★ ホンキでテレビがCSR!フォーラム2011 ★★★ 

     テレビの未来を考える〜若者からのメッセージ〜 
     民放・広告・被災者・市民メディアによる、「提案型」イベント 

  7月24日(日)13:00〜16:00 すみだリバーサイドホール(定員500名) 
 主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト 
 http://www.aseed.org/mediaCSR    Twitter:@T... 

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━参加募集■■ 


■■【企画概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■ 

【日時】2011年7月24日(日)13:00〜16:30(開場12:00) 

【場所】すみだリバーサイドホール(最寄駅「銀座線浅草駅」) 

【参加費】無料 

【お申し込み】 


■■【プログラム(予定)】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■ 

12:00〜 
【プレ・オープニング】本気の報道を考える上映会&トーク (12:10〜12:50) 
 災害・原発・環境報道番組を上映しつつ、 
 被災地から避難している若いお母さんのトークを交えます 
 特別ゲスト:福田美穂氏 [南相馬市から避難している一児の母] 


13:00〜 
【第一部】 
 基調講演「地デジ化時代のテレビと、これからの報道〜東日本大震災の教訓から〜」 
 瀬川 至朗氏 [早稲田大学政治経済学術院教授] 


【第二部】 
 事例報告&パネル「地デジ社会到来!変わるテレビ企業のCSR活動!」 
 発表者:金平 茂紀氏[TBS「報道特集」キャスター]、川廷 昌弘氏 [博報堂DYメディアパートナーズ] 
 白石 草氏 [OurPlanet-TV]、鈴木 亮 [A SEED JAPAN]、福田美穂氏 
 コーディネーター:薗田 綾子氏[クレアン] 

【第三部】 
 ワールドカフェ「ホンキで考える、テレビの社会責任」 
 語り合い深めよう。会場全体でワールドカフェ! 
 UstreamやTwitter上でも意見を募集! 

〜16:30終了予定(※終了予定時刻が変更になりました) 


【300名に無料ガイドプレゼント】 

★7日でわかるソーシャルメディアガイド『革命なう!』★ 

A SEED JAPAN制作、マイクロソフトNPO協働プログラム助成のガイドをフ 
ォーラム参加先着300名にプレゼントします。Twitter、YouTube、Ustream、 
Facebookをゼロから始める人にも良くわかる、実践ガイドです。 


■■━━━━━━━━━━━━■■ 

【基調講演講師プロフィール】 

●瀬川至朗氏(せがわしろう) 
1977年、東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学)卒。 
毎日新聞社でワシントン特派員、科学環境部長、編集局次長、 
論説委員などを歴任。 


【発言者プロフィール】 

●テレビ企業 CSR担当者・報道制作担当者 
テレビ企業のCSR担当または制作担当の方から数名、テレビ企業のCSR活動・ 
報道制作の最新現場からの報告をいただけるよう、現在交渉・調整中です。 
【出演決定】 
金平 茂紀氏[TBS「報道特集」キャスター] 


◆川廷昌弘(かわていまさひろ)氏 
博報堂DYメディアパートナーズ メディア・コンテンツソリューション局 
環境コミュニケーション部長。生物多様性条約市民ネットワーク普及啓発作 
業部会長。 


●白石草氏(しらいしはじめ) 
非営利インターネット放送局「OurPlanet-TV」代表。 
CS報道・朝日ニュースターで7月から「Contact」放送開始。 


●薗田綾子氏(そのだあやこ) 
株式会社クレアン代表取締役。 
松下電器産業をはじめ、数10社に上る環境報告書・CSR報告書を製作している。 

●福田美穂氏(ふくだみほ) 
福島県南相馬市出身。東日本大震災で被災、現在千葉県に避難している。 
3歳の息子を持つ1児の母親。20代のフリーランスライター。 


●鈴木亮(すずきりょう) 
A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト 
「ホンキでテレビがCSR!キャンペーン」ディレクター。 


■■━━━━━━━━━━━━■■ 

【ホンキでテレビがCSR!フォーラムとは?】 
テレビ企業の社会責任(CSR)をテーマに、視聴者やNPOとテレビ企業関係者 
の協働を考えるフォーラムです。2010年7月25日の第一回に続き、二回目の 
開催となる今回のフォーラムでは、地デジ化移行の日に合わせ、視聴者発の 
テレビ報道のあり方を、テレビ企業関係者とともに考え、協働して番組を作 
る可能性を探ります。 
フォーラムに向け、視聴者がTwitterを使って報道番組についてつぶやくア 
クション「ニュースツイート」(ハッシュタグ#tvcsr)を展開中です。 


【会場全体でワールドカフェ!Ustream参加募集!】 

当日の様子はインターネットで中継を予定しています。Ustream、twitter、 
facebookなど、ソーシャルメディアを使って、ぜひプログラムにご参加くだ 
さい。第三部のパネル&ワールドカフェでは、会場全体で意見を交わしあう 
時間を予定しています。→事前から意見を寄せたい人はぜひお申し込みの上、 
facebookイベントページに投稿してください。 


【申込・問い合わせ】 

★ウェブサイト、またはEmailからなるべく事前にお申し込みください 

申し込みフォーム:http://bit.ly/TVCSRforum2011 
Twitter:@T... 
電話:03-5366-7484 Email:mediacsr@g... 

★プレスリリース:テレビの未来を考える〜若者からのメッセージ〜 

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■ 

主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN 
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。 


【お問い合わせ】(担当:岸田・鈴木) 
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23 
TEL 03-5366-7484   FAX 03-3341-6030 

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 21:11
-, trackbacks(0)
フォーラムに向けて薗田綾子さんとの打ち合わせを行いました!
 こんにちは。メディアCSRプロジェクトのパコです。

現在、7月24日の「ホンキでテレビがCSRフォーラム」にむけて
民放各局の報道局とのラストスパートの交渉を進めています。
中でも、フジテレビの箕輪報道局長は特に誠意があり感動しました。
電話でお話した際、忙しいにも関わらず、
如何に自分が責任もって報道する立場なのか、と熱弁されていました。

そして、先日はフォーラムでコーディネートしてくださる
螢レアン代表取締役 薗田綾子さんとの打ち合わせ。
クレアン薗田さんのリンク http://www.cre-en.jp/company/top-message/

20年以上CSRのプロとして活躍されている薗田さんも
唯一無二の企画だと、本プロジェクトの重要性を説いてくださいました。

震災報道・原発報道、、、、。
3.11以降、テレビ報道の問題点が露呈されて以来、
沢山の原発報道のイベントが開催されています。
7月24日の「ホンキでテレビがCSRフォーラム」では、
「批判」にとどまらず、
いかに報道が市民のものになるか、民放報道の責任を細分化し、
その実行の妥当性について考えます。

これまでなかなか解決できなかった報道問題に、
一石と投じたいとメンバーみな最大級の意気込みを入れています。


お声かけ合わせの上、ふるってご参加ください。
先着300名様には、「ソーシャルメディアガイド」をプレゼントです!

Twitter @tvcsr @mediacsr


author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 00:02
-, trackbacks(0)
【イベントのご案内】【7月24日(日)13:00〜16:00】ホンキでテレビがCSR!フォーラム2011
メディアCSRプロジェクトのかんきちです。

地デジ化完全以降の7月24日に合わせてメディアCSR プロジェクト主催のフォーラムを開催します。

メディアに興味のある皆様!是非奮ってご応募ください!


■■告知━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■


  ★★★ ホンキでテレビがCSR!フォーラム2011 ★★★

 〜ついに地デジ社会スタート!テレビ局とつくる本気の次世代報道〜

 主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト
 http://www.aseed.org/mediaCSR    Twitter:@TVCSR

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━告知■■

2011年7月24日は「地デジ化完全移行」の日。

私たちは、大手テレビ企業に「より市民のためになる報道」を求めます。

マスメディアの中でも「社会的影響が大きい」のが、テレビのニュース。
政治も、環境も、福祉も、エネルギーも、そして災害も、
私たちが向き合うためには「正しい情報の伝達」が必要です。

今こそ、視聴者が「新しい社会責任」をテレビに求める時です。


【日時】2011年7月24日(日)13:00〜16:00(開場12:00)
【場所】すみだリバーサイドホール(最寄駅「銀座線浅草駅」)
 URL:bit.ly/sumidaRSH

【参加費】無料
 事前申し込み頂いた先着300名に
 「7日でわかるソーシャルメディア・ガイド」プレゼント!

【申し込み】
 http://bit.ly/TVCSRforum2011


【プログラム(予定)】

12:00〜
【プレ・オープニング】本気の報道を考える上映会&トーク (12:10〜12:50)
 災害・原発・環境報道番組を上映しつつ、
 被災地でボランティア活動をする青年のトークを交えます

13:00〜
【第一部】
 基調講演「地デジ化時代のテレビと、これからの報道〜東日本大震災の教訓から〜」
 瀬川 至朗氏 [早稲田大学政治経済学術院教授]  (13:00〜)

【第二部】
 事例報告&パネル「地デジ社会到来!変わるテレビ企業のCSR活動!」
 発表者:テレビ企業担当者(1〜3社程度を予定)、川廷 昌弘氏 [博報堂DYメディアパートナーズ]
 白石 草氏 [OurPlanet-TV]、薗田 綾子氏 [クレアン]、鈴木 亮 [A SEED JAPAN]

【第三部】
 ワールドカフェ「これからのテレビの役割と公共性」
 語り合い深めよう。会場全体でワールドカフェ!
 UstreamやTwitter上でも意見を募集!

〜16:00終了予定



■■概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【ホンキでテレビがCSR!フォーラムとは?】

テレビ企業のCSR(企業の社会責任)をテーマに、視聴者やNPOとテレビ企業関係者の
協働を考えるフォーラムです。2010年7月25日の第一回に続き、
二回目の開催となる今回のフォーラムでは、地デジ化移行の日に合わせ、
視聴者発のテレビ報道のあり方を、テレビ企業関係者とともに考え、
協働して番組を作る可能性を探ります。
フォーラムに向け、視聴者がTwitterを使って報道番組についてつぶやく
アクション「ニュースツイート」(ハッシュタグ#tvcsr)を展開中です。

【300名に無料ガイドプレゼント】

7日でわかるソーシャルメディアガイド『革命なう!』

A SEED JAPAN制作、マイクロソフトNPO協働プログラム助成のガイドを
フォーラム参加先着300名にプレゼントします。
Twitter、YouTube、Ustream、Facebookをゼロから始める人にも良くわかる、
実践ガイドです。


【基調講演講師プロフィール】

●瀬川至朗氏(せがわしろう)
1977年、東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学)卒。
毎日新聞社でワシントン特派員、科学環境部長、編集局次長、
論説委員などを歴任。1998年、「劣化ウラン弾報道」で、
取材班メンバーとしてJCJ奨励賞(現JCJ賞)を受賞。
2008年1月から早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズム
コースのプログラム・マネージャー。日本記者クラブ企画委員、
日本科学技術ジャーナリスト会議理事。


【発言者プロフィール】

●テレビ企業 CSR担当者・報道制作担当者
テレビ企業のCSR担当または制作担当の方から数名、
テレビ企業のCSR活動・報道制作の最新現場からの報告をいただけるよう、
現在交渉・調整中です。


◆川廷昌弘(かわていまさひろ)氏
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア・コンテンツソリューション局 環境コミュニケーション部長。
生物多様性条約市民ネットワーク普及啓発作業部会長。
98年「情熱大陸」の立ち上げ、05年の環境省「チーム・マイナス6%」の立ち
上げ直後から関わる。現在は環境コミュニケーション領域に専従、国際生物多様
性年国内委員会「地球生きもの委員会」委員、林野庁「山村再生支援センター」
マッチングアドバイザーなど。社団法人日本写真家協会会員でプロの写真家でも
ある。


●白石草氏(しらいしはじめ)
非営利インターネット放送局「OurPlanet-TV」代表。
1993年早稲田大学卒業。テレビ朝日系の技術会社を経て、
1995年東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)入社。
ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。
2001年に独立し、フリーランスとして活動。同年10月に「OurPlanet-TV」を設立。


●薗田綾子氏(そのだあやこ)
株式会社クレアン代表取締役。広告代理店、株式会社リクルート映像を経て
1988年8月 株式会社クレアンを設立、代表取締役。企業の環境情報開示として
環境報告書やサステナビリティレポートの製作を通して、企業と市民をつなぐ
コミュニケーションを進め、豊かな社会を実現するために活動中。
松下電器産業をはじめ、数10社に上る環境報告書・CSR報告書を製作している。


●鈴木亮(すずきりょう)
A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト
「ホンキでテレビがCSR!キャンペーン」ディレクター。
2002年ヨハネスブルグサミットで多国籍企業にCSRを求める「リオマイナステン」
キャンペーン、メガバンクに金融CSRを求める「口座を変えれば世界が変わる」
キャンペーンなど、NPOとしてソーシャルキャンペーンを多数立ち上げる。


【本気の報道を考える上映会&トーク】

フォーラム当日は12:30の開場後、災害報道や原発報道、環境報道についての
上映会&トークを行います。テレビ報道が被災地のボランティア活動に与える
影響の大きさや、取材における課題等について、青年によるトークも予定しています。

【会場全体でワールドカフェ!Ustream参加募集!】

当日の様子はインターネットで中継を予定しています。
Ustream、twitter、facebookなど、ソーシャルメディアを使って、
ぜひプログラムにご参加ください。第三部のパネル&ワールドカフェでは、
会場全体で意見を交わしあう時間を予定しています。
→事前から意見を寄せたい人はぜひお申し込みの上、
 facebookイベントページに投稿してください。
 http://on.fb.me/TVCSR_fb

【A SEED JAPANとは 】

地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから始まった
国際青年環境NGOです。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの変更と、
南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、
未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
大学生や社会人、フリーターなど多様な青年が集まり、
国際会議に向けたキャンペーンから、野外イベントの環境対策事業まで、
幅広い活動に取り組んでいます。

 【申込・問い合わせ】

★ウェブサイト、またはEmailからなるべく事前にお申し込みください
申し込みフォーム:http://bit.ly/TVCSRforum2011
Twitter:@TVCSR
電話:03-5366-7484 Email:mediacsr@gmail.com
URL:http://www.aseed.org/mediaCSR


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください
http://www.aseed.org/privacy.html

【お問い合わせ】(担当:岸田・鈴木)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL 03-5366-7484   FAX 03-3341-6030
Email info@aseed.org

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 23:34
-, trackbacks(0)
2020年のテレビ番組&雑誌の特集を考えよう!
12月9-11日に開催されたエコプロダクツでの
eco japan cup ブース特設ステージでのメデCトークの動画です。
ぜひご覧ください。

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 12:20
-, trackbacks(0)
早稲田大学×DAYSJAPAN 日本最大のフォトジャーナリズム・フェスティバル
広報部のやっさんです。
メディアCSRプロジェクトのぱこからイベントの案内です。
よろしければぜひご参加ください。



◆=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=◆
         早稲田大学×DAYSJAPAN
日本最大のフォトジャーナリズム・フェスティバル11月開催!
       コア期間:2009年11月23日〜12月5日
    http://www.daysjapan.net/waseda/index.html 

◆=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=◆

世界には、様々な問題があります。
貧困、紛争、飢餓、子どもたちを取り巻く問題、地球温暖化など環境の問題・・・

また、現在、世界は今までにない速さで刻一刻と変化し、
次の瞬間さえ、何が起こるか、私たちの生活にどのように影響を与えるか、誰も予測はできません。

世界中の現場と、日本に住む私たち一人一人との距離を埋めるジャーナリズム。
そして、日々、メディアに囲まれて生活を送る私たち。
「メディアの問題」は、「私たちの問題」です。

人々は何を知る必要があるのか、何を伝えるべきなのか、ジャーナリストは何を守るべきか・・・


フォトジャーナリズム・フェスティバルでは、早稲田大学キャンパス内での大規模な写真展や、シンポジウムや、
加藤登紀子さんも出演する歌と写真のコラボコンサートなど、日本最大のフェスティバルです!

世界のことを知りたい方や、メディアに関わる仕事に就きたい学生など、多くの方にお越しいただきたいです。

ぜひ、一緒に「ジャーナリズム」や「メディア」と、私たちの未来について考えてみませんか?皆様のご参加をお待ちしております!

================================
◆写真展・展示◆ 入場無料
================================

・「地球の上に生きる2009」
・「DAYSの5年 戦争と混乱の時代―フォトジャーナリストは何を伝えてきたか」
・特別展示「触れる地球」竹村真一(京都造形芸術大学教授)
日時:11月21日(土)〜12月5日

・広河隆一「人間の戦場40年」核と中東とアジア
日時:11月16日(月)〜12月19日(土)

詳細は以下をご覧ください。
http://www.daysjapan.net/waseda/exhibition/exhibition.html

==================================
◆おすすめイベント◆ 全て入場無料
==================================
数多くのイベントの中から、おすすめイベントをピックアップ!

おすすめイベント
〇-------------------------------------------------------------〇
シンポジウム「戦争・写真 そしてメディアの危機」
日時:11月22日(日)14:00〜
場所:大隈記念講堂・大講堂
〇-------------------------------------------------------------〇

個人が情報に翻弄されずに「世界を見る目」を持つために。
そしてメディアが「自立した報道機関」であるために。
☆「メディアで働きたい」と考えている学生、必見!

・日時:11月22日(日)14:00〜
・場所:大隈記念講堂・大講堂

第一部 戦争と写真

・白山 眞理 (日本カメラ博物館運営委員)
「日本の戦争の時代、報道写真家たちはどう生きたか」
・広河 隆一 (DAYS JAPAN編集長)
「現代の戦争報道とメディアの役割」

第二部 メディアの危機とジャーナリズム

激動のメディア時代、新聞が消え行くアメリカからの日本メディアへの警鐘、ネットの台頭によって消滅する新聞・雑誌など、
現代の私たちの抱えるメディアとジャーナリズムの問題についてのシンポジウム。

・七沢 潔 (NHK放送文化研究所主任研究員・元NHKスペシャルなどのディレクター・プロデューサー)
・金平 茂紀 (TBSアメリカ総局長・元筑紫哲也ニュースのディレクター)
・司会 広河 隆一

*ご予約をお勧めします!
*当日参加可能ですが、人数把握のため、あらかじめお名前、ご連絡先、参加人数を
kikaku@daysjapan.netまたはFAX03-3322-0353までご連絡ください。
*予約申込み特典* 広河隆一の写真プレゼント☆
*内容は一部変更することがありますので、ご了承ください。

チラシは以下ののページからダウンロードできるので、ぜひプリントしてお知り合いにも☆
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/130947156.html


おすすめイベント
〇----------------------------------------------------------〇
加藤登紀子さんも出演!オープニング・イベント
♪゜*.♪゜*.♪「生命のコンサート」♪゜*.♪゜*.♪
日時:11月23日(月・祝)14:40〜 
場所:大隈記念講堂 大講堂
〇----------------------------------------------------------〇

「知る」「伝える」「生命をまもる」日本で最大のフォトジャーナリズム・フェスティバルの幕開けとして、
歌と写真と語りによるコンサートを開催します。

・日時:11月23日(月・祝)14:40〜 
・場所:大隈記念講堂 大講堂

・出演者:加藤登紀子(歌手)、ナターシャ・グジー(チェルノブイリの歌手)、MINA(アイヌ歌手)、青柳拓次(アーティスト)、立松和平(作家)他

*ご予約をお勧めします!
*当日参加可能ですが、人数把握のため、あらかじめお名前、ご連絡先、参加人数をkikaku@daysjapan.netまたはFAX03-3322-0353までご連絡ください。

詳細は以下をご覧ください。
http://www.daysjapan.net/waseda/opening/opening.html
チラシは以下ののページからダウンロードできるので、ぜひプリントしてお知り合いにも☆
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/130879697.html


おすすめイベント
〇----------------------------------------------------------------〇
大画面でお送りする「世界を“視る”スライドショー」
日時:第一回 11月24日(火)・第二回 26日(木)
開場:18:00   18:30〜20:30
場所:早稲田大学 大隈記念講堂・大講堂
〇----------------------------------------------------------------〇

早稲田大学の大隈講堂で行われるこのイベントでは、DAYS国際フォトジャーナリズム大賞を受賞作品、長期フォトジャーナリスト学校の卒業展、
在日外国人の写した日本、DAYS JAPANと早稲田大学と毎日新聞社共催の「日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト」授賞式など、内容は盛り沢山です。
世界の本当の姿を、大画面でぜひご覧ください。

・日時:第一弾 11月24日(火)・第二弾 26日(木)
*内容は異なります
・開場:18:00   18:30〜20:30
・場所:早稲田大学 大隈記念講堂・大講堂

----------------------------------
〇第一回スライドショー〇
----------------------------------
・DAYS国際フォトジャーナリズム大賞受賞作品
・フランス・バイユー戦争報道コンテスト
・DAYSが伝えた世界の5年間
・フランス・ペルピニアン世界報道写真祭
・キャパとマグナム 日本マグナムフォト支部代表小川潤子氏
・パレスチナ、薬害エイズ―広河隆一の「人間の戦場40年」

----------------------------------
〇第二回スライドショー〇
----------------------------------
・DAYS国際フォトジャーナリズム大賞受賞作品
・祝島―DAYSフォトジャーナリスト学校卒業展
・フランス・ペルピニアン世界報道写真祭
・チェルノブイリ、ゲバラが戦った地―広河隆一の「人間の戦場40年」
・在日外国人の撮影した日本
・日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト
  受賞者発表、授賞式

*内容は一部変更することがありますので、ご了承ください。

その他、数々のイベントがあります。
イベント情報は随時ウェブにてアップデート中なので、ぜひチェックしてください!

■--------------------------------------------------■
 早稲田大学・DAYS JAPAN共催
 フォトジャーナリズム・フェスティバルHP
http://www.daysjapan.net/waseda/about/about.html
 これを見れば一目でわかる!
 フォト・フェス スケジュール
http://www.daysjapan.net/waseda/schedule/schedule.html
■--------------------------------------------------■

━◆世界を視るフォトジャーナリズム雑誌DAYS JAPAN◆━━━━━━━━
公式ウェブ:http://www.daysjapan.net/index.html

公式ブログ「DAYSから視る日々」:http://daysjapanblog.seesaa.net/
<お問合せ>

E-mail:kikaku@daysjapan.net

TEL: 03-3322-4150/FAX :03-3322-0353
〒156-0043 東京都世田谷区松原1-37-19 武内ビル402
DAYS JAPAN プロジェクト事業部まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 07:17
-, trackbacks(0)
「一枚の写真が国家を動かす」×「一言のつぶやきが世界を変える」〜企業・政府を動かすメディア術セミナー〜
 メディアCSRプロジェクト理事のキャパです。

この度、11月13日にワークショップを開催します。
テーマは今注目の"Twitter"です!!
様々な情報コミュニケーションツールが生まれる中、
Twitterの可能性と、これからのメディアと私たちの関係について一緒に考えてみませんか?

ささやき、ぼやきより"つぶやき"が世界を変える時代へ!

以下、広報文です。ぜひご参加ください!
(おまけ、早稲田フォトフェスティバル情報もあります!)

_________________

A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト

●「一枚の写真が国家を動かす」×「一言のつぶやきが世界を変える」●
 〜企業・政府を動かすメディア術セミナー〜

報道ニュースが無批判に流れ、
企業広告だらけの無料の情報サービスが情報源となり、
個人の「知る権利」の多くの部分をテレビや新聞に代表される
マスメディアが担っていたとされる時代はもう過去のもの。
今や多くの個人が市民記者・ブロガーとなって
「知る権利・伝える権利・提言する権利」を自ら勝ち取る時代になりつつあります。

Twitter(ツイッター)やSNS(ソーシャルネットワークサービス)のような
情報伝播力の強いメディアの普及はめざましく、
今やマスメディア以上のメディアとして存在感を持ちつつあります。

このセミナーはメディア関係者や市民記者・ブロガーひとりひとりが
「ジャーナリスト」としての魂(スピリッツ)と手腕(スキル)を磨く事で、
「企業・政府を動かす記事をメディアの中に発信するチカラ」を高める事をめざします。
フォトジャーナリストが命をかけた一枚の写真が国家を動かしてきた時代から
いち個人の140文字のつぶやきが世界を変える時代へ。

変わらないもの・変わりゆくもの・変えてゆくべきもの
はたしてメディアは、そしてジャーナリズムは、どこへゆくのか。
一緒に考えてみませんか?

日時:2009年11月13日(金)19:00〜21:30
場所:A SEED JAPAN事務所・丸の内線・新宿御苑前駅より徒歩5分
地図:http://www.aseed.org/about/organization/
発表者:
 「メディアCSR入門」鈴木秀和(A SEED JAPAN)
 「一枚の写真が国家を動かす」魚住葉子(DAYS JAPAN)(予定)
 「一言のつぶやきが世界を変える」鈴木菜央(Greenz.jp)

参加費:無料(定員25名)

●●申し込み━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、
件名に「11月13日(金)メディア術セミナー」と明記の上、
E-mail:info@aseed.org までお送りください。
お申し込みを確認次第、ご連絡させていただきます。
(申し込み〆切:11月12日(木))

【お申し込みフォーム】
※今回ご提供いただく個人情報は、A SEED JAPAN が主催する各種
イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に使用さ
せていただく場合があります。取り扱いに関するご質問・ご要望
がございましたら、事務局までお問い合わせください。

-------------------------------------------------------------------------------------------
○お名前(ふりがな):
○職業:
○性別: 女 ・ 男
○年齢: 10代 ・ 20代 ・ 30代 ・ 40代 ・ 50代 ・ 60代以上
○TEL:
○E-mail:
○ASJ会員:会員・非会員
○イベントへの参加動機、当日知りたいこと:
(可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。)

-------------------------------------------------------------------------------------------
企画責任者:鈴木秀和・鈴木亮(A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト)http://www.aseed.org/mediaCSR/
問い合わせ:03−5366−7484 info@aseed.org
プライバシーポリシー:http://www.aseed.org/privacy.html

※メディアCSRプロジェクトは、マスメディアが報道における公共性・独立性を発揮し、
市民が主体的にメディアを選択する社会を創造するプロジェクトです。

__________________________________________

【転送歓迎・重複ご容赦ください。早稲田フォトフェス・スタッフ募集中!! 】

☆アジア最大のフォト・ジャーナリズムフェスティバルが早稲田大学にやってくる!☆
http://www.daysjapan.net/waseda/index.html
A SEED JAPANメディアCSRプロジェクトでは
プレシンポジウム「戦争・写真 そしてメディアの危機」(11/22)をはじめ、
フェスティバルの一連の企画を応援すべく、メンバーを募集しています。

ジャーナリストを志す人、メディア業界での仕事を志す人、メディアについて考えたい人、
市民記者・ブロガーとして活躍したい人、市民メディアのネットワークに参加したい人、
どなたでも歓迎です。まずはお問い合わせください。
【スケジュール(予定)】
☆ボランティアスタッフ説明会&作業日 ★急募!まずはお問い合わせを★

☆スタッフ募集中イベント☆
 シンポジウム「戦争・写真 そしてメディアの危機」 11/22(日)9:00〜18:00
 http://www.daysjapan.net/waseda/symposium/symposium.html#s1

「命のコンサート」 11/23(月)9:00〜18:00
 http://www.daysjapan.net/new-info/concert.html

「世界を視るスライドショー」Vol.1(「キャパとマグナム」他) 11/24(火)17:00〜21:00
 http://www.daysjapan.net/waseda/slide/slide.html

「世界を視るスライドショー」Vol.2(広河隆一「人間の戦場」他)11/26(木)17:00〜21:00
 http://www.daysjapan.net/waseda/slide/slide.html
( ※場所は全て、早稲田大学大隈講堂)

 問い合わせ:h.suzuki.berlin@gmail.com 鈴木秀和(A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト)
 http://www.aseed.org/mediaCSR/
 ※件名に「早稲田フォトフェススタッフ申込」とご記入ください。

 ※メディアCSRプロジェクトは、マスメディアが報道における公共性・独立性を発揮し、
市民が主体的にメディアを選択する社会を創造するプロジェクトです。
__________________________________________

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 08:42
-, trackbacks(0)
TOKYOメディフェス2009開催報告!!Vol.2
メディアCSRプロジェクトのキャパです。
TOKYOメディフェス2009開催報告!!Vol.2です。

 今回メディアCSRプロジェクトは、
TOKYOメディフェス分科会の一つで以下の分科会を行いました。


メディア・知る・伝える・提言する・CSR・リテラシー・
  パブリックアクセス・市民・NGO・NPO◎
【TOKYOメディフェス2009・分科会C】
市民記者・ブロガーのためにCSRジャーナリスト講座
〜企業・政府を動かす記事を書こう!〜

日時:9月20日(日)13:00〜15:00時・開催
会場 :第1会議室
出演:森摂(CSR情報誌「オルタナ」編集長 ) 
    http://www.alterna.co.jp/index.html
    奥田みのり(CSRブロガー:「味(み)海苔の実」)
    http://yummyseaweed.seesaa.net/
司会:鈴木亮(A SEED JAPAN)
    http://www.aseed.org/mediaCSR/

内容
報道ニュースが無批判に流れ、企業広告だらけの無料の情報サービスが
「情報源としてのヨリドコロ」とされ、個人の「知る権利」の多くの部分を
テレビや新聞 に代表されるマスメディアが担っていたとされる時代はもう過去のもの。
今や多くの個人が市民記者・ブロガーとなって「知る権利・伝える権利・提言する権利」
を自ら勝ち取る時代になりつつあります。


この分科会は市民記者・ブロガーひとりひとりが
ジャーナリストとしての魂(スピリッツ)と手腕(スキル)を磨く事で、
「企業・政府を動かす記事をメディアの中に発信するチカラ」
を高める事をめざします。


環境・CSR関連の記事は確かに溢れていますが、
残念ながらジャーナリストとしての魂と手腕が輝いている記事は多くはありません。
緻密な背景分析と鋭い論説で、読者を引き込み社会をも変える――。
そんな記事を書ける「CSRジャーナリスト」を、一緒に目指しませんか?



メディア・知る・伝える・提言する・CSR・リテラシー・
 パブリックアクセス・市民・NGO・NPO◎

小さな会場には30人以上の方が詰めかけました。
情報を発信することや、大手メディアに対する思いなど、
多くの人に関心の高いテーマだということが分かりました。

中でも、冒頭に皆さんにとってのメディアとは何か?
という質問をした時の森さんの言葉は印象深く響きました。

森摂さん「メディアとは国民性を映し出す鏡、
私たちが普段触れるメディアは私たち自身が育ててきたもの。」

また会場からはどうした良い記事書けるかについて、

森摂さん「机に座ったときにその記事の質は決まる。」
というのはどれだけ多くの情報を調べ取材にしたかによって書く時に
その質が決まるということ。

奥田みのりさんは
「既存のメディアが取り上げないなら、自分が発信すればいいと思うし、
発信する側になれる環境が日本にはある。」
また「自分が好きな情報や気になることを発信していけばいい。
例えばフェアトレードの事を自分が良く知っているつもりだったけど、
多くの人は言葉の意味すら知らない現状があったから、伝えて行きたいと思った。」

 既存メディアへの思いや、どうすれば自分が情報の発信源になれるのか、
発信するに当たっての姿勢や思いをこの機会にシェアできたのではないかと思います。

自然環境に関するイベントなどは多く見られますが、
メディア!というテーマでこれほど大きなイベントも
日本ではまだあまり知られてないかもしません。
しかしメディアというものは今とても注目されているし、
さらにこれから身近なところで関わりが深くなっていくでしょう。


今回のTOKYOメディフェスそのものが一つのメディアとなって人々に伝わったように、
メディアCSRプロジェクトも知る・伝える・提言するをモットーに、
社会に多様な情報を発信していきます。

author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 22:35
-, trackbacks(0)
TOKYOメディフェス2009開催報告!!Vol.1
メディアCSRプロジェクトのキャパです。
TOKYOメディフェス2009開催報告です 。

TOKYOメディフェスとは
開催概要

「メディフェス」は、国内の独立系メディアや市民メディア関係者、
クリエイターや映画関係者、メディア研究者やジャーナリストなどが集まり、
具体的な活動の実践報告や情報交換などを通して、
これからのメディアのありかたを考える年に1度のお祭りです。」

より詳しい内容は、TOKYOメディフェスホームページをご覧くださいhttp://medifes.net/about/


連日のフォーラムでは海外からゲストを招き、
活動発表や質疑応答などを行い、
未来のメディアについて活発な情報交換が起こりました。


その他、ネットライブ中継や、ライブインタビュー、
生ラジオ、新聞作りなど、メディアを駆使した試みが行われました。
映像はTOKYOメディフェスホームページで見れます!
http://www.stickam.jp/profile/medifestv9


また、22日は内藤正光総務副大臣が会場にお越しくださり、
メディア、情報通信について話が行われました。

自分も少しだけお話しましたが、法整備を進めるにあたっては多くの有識者が集まる事、
情報を公開することに一定の理解をしていただけたかな?という感じでした。

内藤正光総務副大臣の最新発言です
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090924-OYT1T00847.htm


次回はTOKYOメディフェス2009・分科会で行われた、
「TOKYOメディフェス2009・分科会C・
市民記者・ブロガーのためのCSRジャーナリスト講座〜企業・政府を動かす記事を書こう!〜」

をご報告します。


author:asj, category:メディアCSRプロジェクト, 07:41
-, trackbacks(0)